ユーラシアの最果てから届ける希望~Hope~

登山家たちの聖地、ネパール

東南アジアの中でもネパールは多くの観光スポットを抱える国で、日本からも毎年多数の観光客が訪れています。ヒマラヤ山脈を擁するネパールは、登山家の聖地としても知られ、特に中国との国境にあるエベレストは世界最高峰として有名です。エベレストの豊かな自然は貴重な存在として保護されており、世界遺産であるサガルマータ国立公園にも絶景が残ります。

ネパールの特長として、世界遺産の多さが挙げられます。サガルマータ国立公園にパシュパティナート寺院、スワヤンブナートなど、歴史を語る上で見逃せない世界遺産が揃い、この土地の豊かさや脈々と受け継がれてきた文化を伝えてくれます。ネパールの世界遺産は寺院が多く、寺社仏閣や歴史に興味がある人にとっては、特に魅力的な土地tとなるでしょう。

また、首都であるカトマンズの景色も、観光スポットとしてぜひチェックしたい場所です。カトマンズは古い建物をそのまま残し、まるで中世そのままの景色を味わわせてくれます。人々の活気の中には昔ながらの煉瓦造りの建物が馴染み、寺院も多く抱えます。買い物がてらに散策すれば、中世に紛れ込んだような気分になれる街です。

ネパールならではの自然に親しむならサガルマータ国立公園、登山ならばその厳しさとともに世界唯一の絶景を誇るエベレストやその周辺がおすすめです。カトマンズでは中世の雰囲気を楽しみつつも、現代のネパールの生の姿を垣間見ることができます。寺院好きなら外せないのがパシュパティナート寺院やスワヤンブナートです。モンキーテンプルの愛称でも知られるスワヤンブナートは、周辺に猿が生息しています。日時や時間帯によっては猿に出会えるなど、こちらも人気スポットとなっています。

その歴史の古さ、豊かな文化に活気ある街並みと、ネパールは観光スポットが目白押しです。中世の香りを残す町並みには不思議な魅力が溢れており、一度行ったら何度でも行きたい街となっています。