ユーラシアの最果てから届ける希望~Hope~

何度訪れても楽しめる人には楽しめるのがミャンマー

ミャンマーのおすすめスポットはたくさんあります。まず一つ目はアーナンダ寺院です。バガン遺跡にある寺院の中でも最も大きい寺院です。外面だけでなく、中身もこっており、本堂の四面にそれぞれ入り口がついているため、毎回来るたびに違った仏像の表情を見ることが出来ます。何回来ても違った形での思い出になるので、楽しみがわきます。

南と北にある立像は1000年以上前に立てられた当時のものが再現されているので、果てしないノスタルジーを感じ続けることが出来ます。休日はなく年中無窮なところも旅行者にとって非常に良心的な観光スポットと言えます。寺院は拝観時間が短いところが多い中、この寺院は、九時半まで空いているので夢中になっても安心して閉館まで自分のペースで楽しむことが出来ます。遺跡の入場料金は支払えば建物の出入りは自由ですが、所々でチェックが入るのでレシートは取っておくと良いでしょう。

次におすすめのスポットはシュエダゴンバヤーです。特によるライトアップされた外観は圧巻です。所々にステンドグラスがちりばめられてあり、それが醸し出す幻想的な雰囲気は異国の情緒があふれる景色です。一日中居ても飽きないくらい昼の荘厳な姿もまた良いです。入場時間はアーナンダ寺院よりも更に長く、朝四時から空いているので、少しでも多くの観光スポットを楽しみたいと思っている人にはうってつけの場所です。

寺院なので、露出度の高い服装は出入禁止になる可能性があります。心配なら、あらかじめ羽織る着替えを持って行くと良いです。

次はマンダレー旧王宮です。建造されたのが一九世紀後半とかなり新しく、最近になってようやく復元されたので、今現在が狙い目とも言えます。ミャンマーの歴史を肌で感じることが出来ます。特に、高い位置に設定してある見張り台から見る外の景色が綺麗なので、写真は必ず持って行きましょう。他にも寺院を中心に一度入った方が良いスポットがあります。