ユーラシアの最果てから届ける希望~Hope~

カンボジアの遺跡を見るなら、事前に勉強しておこう

カンボジアといえばアンコール遺跡群が最も有名な観光地です。もちろん最初は定番のアンコール遺跡の日の出を見ることをおすすめしますが、よっぽどの遺跡好きか考古学者などでなければ、どの遺跡も同じように見えてきてしまうものです。ですので、遺跡群を見て回るならどの遺跡がどのような目的で建てられたものか、事前に歴史的背景を調べて出掛けるのがおすすめです。もしくは現地の日本語ガイドを雇う方が良いでしょう。

しかし、ほとんどの方がアンコール遺跡を見終わったあと、残りの旅行をどう過ごすか悩みます。ツアーを組んでいるなら問題ないのですが個人旅行だと他に何をしたら良いのかと悩みます。カンボジアには、まだまだたくさんの見所があります。例えばトンレサップ湖です。川辺に水上生活をしている人たちの生活を眺めながら船で移動し、着いた先には水平線が見えるほど広い湖です。流れる水こそ綺麗ではありませんが、その濁った茶色い水と、澄んだ空の青と、果てしなく先にある水平線を眺めるだけで感動できます。

カルチャービレッジでは、現地の歴史を学びながら時間毎にショーを楽しむことが出来ます。夜になれば徒歩圏にナイトマーケットが点在しており、現地の服からお土産など何でも揃います。パブストリートに進めば、物価こそ少し観光客向けにされており高めですが、ご飯に困ることはありません。アンジェリーナ・ジョリーが撮影の時に通っていたというバーもあります。夜遅くまで開いているので、現地の人はもちろん、旅行に来ている外国人との交流も楽しいでしょう。

疲れた体を癒すためのマッサージも格安です。シェムリアップだけでも5日間ほどであれば有意義に過ごすことが出来ます。あとは首都であるプノンペンですが、実はこちらは観光するなら1泊で十分です。おすすめはプノンペンから更に南下し、そこから船でロン島という島に渡ることです。ロン島はまだまだ観光地として知られていません。そのため、訪れるには少々不便な場所です。しかしここ最近では、ビーチリゾートとして密かに人気が上がってきています。

シェムリアップのトンレサップ湖を紹介しましたが、ロン島はトンレサップ湖とはうって変わって、真っ白でさらさらな砂浜に青く澄んだ空、エメラルドグリーンの海が広がります。カンボジアの印象を覆すほどの美しい景色に心奪われること間違いありません。カンボジア旅行の定番を外れて、ビーチリゾートでゆっくりと過ごすのも良いでしょう。